器 器・書画 寺垣外 杉本 貞光

陶 歴

1935年 東京に生まれる
1968年 信楽山中に穴窯築窯茶陶信楽とレリーフ制作
1974年 大徳寺立花大亀老師よりご教導を受け今日に至る
沖縄海洋博にレリーフ制作(レリーフ活動を終える)
1979年 茶陶伊賀の研究制作大徳寺・如意庵にて個展
1981年 長次郎風の黒茶碗、光悦風の赤茶碗の研究制作
1985年 高麗物、井戸、粉引の研究制作
1991年 NY・ロックフェラーセンター・ギャラリーゼロにてアメリカ初個展
1992年 吉兆・湯木美術館に収蔵される
1993年 ミュンヘン・ギャラリーフレッドヤーンスタジオにてドイツ初個展
1994年 エール大学美術館に収蔵される
1995年 自然灰釉による彫塑の制作
1997年 施釉による彫塑の制作
1999年 古信楽土発見
2002年 京都・建仁寺晋山記念として井戸茶碗を納める
台湾台北佛光縁美術館にて「中・日・韓国際陶藝生活藝術展」招待出品
韓国利川(イチョン)世界陶磁センターにて
「2002国際陶磁ワークショップ」招待出品
2003年 韓国霊岩陶器センターにて韓日陶芸展招待出品。作品が収蔵
東京都庭園美術館にて「現代日本の陶芸・受容と発信」に出品